サイト制作者サイト制作者「伝説のすた丼屋」を初めて食べてからずっと大ファンでバイトもしていました。もう、すた丼なくしては生きていけません。お問い合わせはここからどうぞ!

特集記事

  • 復活希望のローストビーフ丼

    「伝説のすた丼屋」で過去に期間限定で販売され話題をさらった幻の丼、「ローストビーフ丼」を紹介します。

  • 求めるのは向上心

    「伝説のすた丼屋」で働くバイトスタッフには向上心が求められます。すた丼を愛し切磋琢磨できる人材が適任です。

経験から身に付く能力

伝説のすた丼屋で働いた経験は、その後の社会人生活でも活きています。同時期にバイトをしていた人と久しぶりに飲み会を開いた時も、みんなが異口同音に「すた丼屋でのバイトは本当に有意義だった」と言っていました。人生に役立つ経験ができるすた丼屋のバイトをするメリットを紹介したいと思います。

経験から身に付く能力

社会人としてのマナー

伝説のすた丼屋でバイトをすると、社会人になった時に困らないような基本的なマナーが身に付きます。すた丼屋には接客のマニュアルがあります。言葉遣いや礼儀作法などの細かい決まりがあり、間違っていたら先輩や店長から指導が入ります。そのために自分では気が付かなくても、長くバイトを続けていたら自然にマナーが身に付いているのです。これも先輩たちからの的確な指導があるからで、いい加減な接客が許されるような職場でしたらこうはいかなかったと思います。言葉遣いや礼儀作法は、日本の企業で働くとかなり重視されることがわかります。これらのマナーが身に付いていると言われているのが大学の体育会系の生徒と言われています。同じように飲食店のバイト経験者もマナーが身に付いています。就活で自己アピールするときにも、伝説のすた丼屋でのバイト経験は武器になるのではないでしょうか。

気配り上手な人材に育つ

伝説のすた丼屋の仕事の基本はお客様に対する「接客業」ということになります。厨房のスタッフも同じように、「お客様のために美味しい料理を作る」という意味で接客業ですので、その心構えで作業をします。お金を払ってすた丼を食べてくれるお客様には心遣いをきちんとしなくてはなりません。厨房のスタッフはできるだけ美味しいものを食べていただけるように、調理に最新の注意を払います。ホールスタッフはお茶やお水がなくなったら声をかけるなど快適な食事をしていただけるように気配りをします。
このように常にお客様の様子を気にかけ心を配ることにより、自然と気遣いや気配り上手になることができます。私も先輩に言われて気が付いたことですが、すた丼屋でバイトを始めてしばらくすると、気を利かせるのが上手になっています。飲み会などでも、机の様子を見て注文をしていない人に声をかけたり、お皿をまとめて端に置いたすることを自然とできるようになるのです。気遣いや気配りができる人を嫌いになれませんので、社会人になった後もコミュニケーションの武器になってくれるのです。

チームの一員として働く意義

伝説のすた丼屋で働くということは「団体競技のチームに入団する」ようなものです。特に繁忙期には、ホールスタッフ、キッチンスタッフが協力をしてお客さんのために働きます。ベテランの頼れるスタッフは、まだ新人のスタッフの良い面を引き出してお店を回すように指示を出します。新人は指示通り精一杯働きます。どの立場にいてもチームの一員として手を抜くことはできません。手を抜くとチーム自体がダメになると分かるからです。このようにチームの一員として働く意義、強調性や責任感が一人一人の心の中に生まれます。企業で働くため、社会のコミュニティの一員になるためには協調性や責任感はとても大切になります。学生時代に身に付けることができて幸せだったと思います。