サイト制作者サイト制作者「伝説のすた丼屋」を初めて食べてからずっと大ファンでバイトもしていました。もう、すた丼なくしては生きていけません。お問い合わせはここからどうぞ!

特集記事

  • 復活希望のローストビーフ丼

    「伝説のすた丼屋」で過去に期間限定で販売され話題をさらった幻の丼、「ローストビーフ丼」を紹介します。

  • 求めるのは向上心

    「伝説のすた丼屋」で働くバイトスタッフには向上心が求められます。すた丼を愛し切磋琢磨できる人材が適任です。

疲労を回復する食材

伝説のすた丼屋のすた丼は「元気がない時の勝負飯」として利用している人も多いのではないでしょうか。そしてそれはあながち間違っていないのかもしれません。実はすた丼の主役の「豚肉」には元気になるための栄養素がたくさん含まれています。特に疲労回復に効く「ビタミンB1」が豊富に含まれています。豚肉がいかに体によいかということを、栄養の面から紹介していきたいと思います。

疲労を回復する食材

ビタミンB1が効く

伝説のすた丼屋ですた丼を食べると翌日に何だか元気になったような気がするという人も多いのではないでしょうか。あるいは最近元気がないからすた丼を食べて元気を出そう、というゲン担ぎのような意味ですた丼を食べる人もいると思います。このすた丼を食べると元気になるというのはあながち気のせいでもないかもしれません。なぜならすた丼の主役「豚肉」を食べると疲労回復の効果が期待できるからです。
豚肉に含まれているのが疲労回復に効くと言われている「ビタミンB1(チアミン)」です。ビタミンB1には皮膚や粘膜などの健康を維持する効果があるといわれていて、摂取すると美肌効果が期待できる栄養素です。逆に言えば「最近肌が荒れている」「口内炎ができやすい」という人はビタミンB1が不足しているのかもしれません。またビタミンB1には「糖質の代謝を促進する」働きがあります。炭水化物をたくさん食べたり、スナック菓子や加工食品をよく食べたり、お酒をよく飲む人は糖質を取り過ぎてしまいがちですので、豚肉などビタミンB1を含む食材を食べるようにしましょう。
豚肉に含まれるビタミンB1の含有量は何と牛肉の8倍とも言われています。また豚肉には痩せやすい体を作るための栄養素「ロイシン」や、熟睡効果が期待できる「トリプトファン」などの栄養素も含まれています。このため豚肉を食べると総合的に見て健康になりやすく、元気になりやすいと言えるでしょう。

女性には「ヒレ肉」がおすすめ

豚肉は肉の中ではヘルシーな部類に入りますが、脂肪が多い部分を食べると太る方もいらっしゃいます。太るのを気にしている女性におすすめの豚肉の部位が「ヒレ肉」です。ヒレには脂肪が少なく、その上やわらかくしっとりとした舌触りが魅力的です。また疲労回復効果のあるビタミンB1もヒレ部分にはたくさん含まれています。さらに貧血を予防できる「鉄分」やむくみに効く「カリウム」、そして筋肉などを正常に保つ効果が期待される「リン」といった栄養素も含まれています。ダイエット中のお肉と言えば鶏肉、それもささみなどが中心になると思いますが、豚肉のヒレ肉でしたら太らずに元気になれますので、たまに食べるようにするといいでしょう。