サイト制作者サイト制作者「伝説のすた丼屋」を初めて食べてからずっと大ファンでバイトもしていました。もう、すた丼なくしては生きていけません。お問い合わせはここからどうぞ!

特集記事

  • 復活希望のローストビーフ丼

    「伝説のすた丼屋」で過去に期間限定で販売され話題をさらった幻の丼、「ローストビーフ丼」を紹介します。

  • 求めるのは向上心

    「伝説のすた丼屋」で働くバイトスタッフには向上心が求められます。すた丼を愛し切磋琢磨できる人材が適任です。

豚肉の深い歴史

伝説のすた丼屋の「すた丼」の主役といえばやっぱり薫り高く炒められた美味しい「豚肉」でしょう。肉が好きな人にも特別に愛されている豚肉には他の肉にはないたくさんの魅力があります。そして豚肉が日本で普通に食べられるようになるまでには長い歴史的背景があったのです。

豚肉の深い歴史

豚肉の魅力

肉食女子と言う言葉があります。男性に対して積極的な女性のことを指す言葉ですが、焼肉やしゃぶしゃぶなど文字通りお肉を食べるのが大好きな女性は数多くいます。さらに最近ではジビエという野生のお肉を食べるのが好きな人も増えています。鹿肉、イノシシ肉などがそうです。しかし一般的な料理で提供されるお肉と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉が基本になるのではないでしょうか。中でも豚肉は値段も手ごろですし、栄養価も高く、何よりも美味しい味が魅力です。牛肉の場合は胃がもたれることがありますし、高級なお肉と安い肉の品質の差が激しい傾向があります。豚肉の場合は胃にもやさしく値段に関わらず美味しいお肉が多いようです。
また調理方法も幅広く「しょうが焼き」や「角煮」「ポークソテー」など和食、中華、洋食といったカテゴリーを超えています。ファンが多いラーメンの出汁にも豚骨など豚肉の一部が使われ、具の中心もチャーシューや煮豚が採用されています。豚肉をたくさん食べる国は日本だけでなく、香港やオーストリア、スペイン、ドイツなどもそうです。ソーセージやウィンナーなどが大好きな国民性を反映しているのかもしれません。その中でも一番多い消費量を誇るのがデンマークだということです。

豚肉はこうして生まれた

豚という動物はそもそも野生には生息していません。遺伝子的にはイノシシと同じ動物で、家畜化され品種改良を繰り返した結果、現在の豚になっています。豚の登場は古く、なんと6000年以上前には家畜として食べられていたというから驚きです。日本で料理されるようになったのは明治以降ですが、ヨーロッパからアジアにかけての広い地域で豚肉は食用されていました。
日本で例外なのは外国の影響を強く受けていた沖縄です。沖縄には現在でもラフテー、ミミガーなど豚肉を使ったたくさんの料理が存在しています。人気の黒豚も沖縄で飼育されていた豚が元になっているのだそうです。日本は長い間、ご飯とみそ汁、お漬物、そして少しの魚介類だけを食べる生活が続いていました。肉食の文化が入ってきたのは先述したとおり明治以降のことです。豚肉の値段も少しずつ安くなり家庭でも食べられるようになっていきました。明治時代にはすでにトンカツが存在していたのだそうです。我々が現在食べている豚肉の料理にはこのような長い歴史が背景にあるのです。