サイト制作者サイト制作者「伝説のすた丼屋」を初めて食べてからずっと大ファンでバイトもしていました。もう、すた丼なくしては生きていけません。お問い合わせはここからどうぞ!

特集記事

  • 復活希望のローストビーフ丼

    「伝説のすた丼屋」で過去に期間限定で販売され話題をさらった幻の丼、「ローストビーフ丼」を紹介します。

  • 求めるのは向上心

    「伝説のすた丼屋」で働くバイトスタッフには向上心が求められます。すた丼を愛し切磋琢磨できる人材が適任です。

脂肪を燃焼させる減量効果

ダイエット食といえば鶏肉のささみが有名ですが、実は豚肉のほうがダイエットに効果的だと言われています。脂肪燃焼を促進してくれる物質「カルニチン」の存在、満腹感をあたえてくれる「アラキドン酸」、むくみを改善してくれる「ビタミンB1」など豚肉にはダイエットにつながる栄養素が豊富に含まれているからです。

脂肪を燃焼させる減量効果

豚肉を食べてダイエットをしよう

「ダイエットをするために選ぶお肉は何ですか」と街角でアンケートをとれば、「一択で鶏肉のささみ」と答える人が多数派かもしれません。たしかに「筋トレとささみ」の組み合わせは、アスリートや体を鍛えている芸能人の紹介により世間でも知られるようになりました。しかし、実は鶏肉よりも豚肉のほうがダイエット効果が期待できるという説があります。
なぜなら豚肉には「カルニチン」という栄養素が存在します。カルニチンは脂肪の燃焼を促進させる効果が期待できる栄養素として知られています。このカルニチンは牛肉100gに59.8mg、豚肉に35g、鶏肉に5g前後含まれています。豚肉のカルニチン含有量は鶏肉に比べてかなり高いのが分かります。牛肉はさらにカルニチンの含有量が高いのですが、脂肪分も多いのでそれで相殺されてしまいダイエット効果はそれほどでもなさそうです。
さらに豚肉の脂肪には満腹感を高めてくれる栄養素が含まれています。それは「アラキドン酸」という栄養素です。アラキドン酸は幸せホルモンを作るための材料になっています。そのためアラキドンが快感神経を刺激し満腹感で心が満たされるという仕組みです。アラキドン酸のおかげで豚肉の脂肪を食べても、食べ過ぎる前に満腹感を感じるので太らずに済むのです。

「むくみ」も撃退できる

人に太っている印象を与えてしまうのは、体重が増えるだけでなく体のむくみの影響もあります。「むくみ」は水太りとも呼ばれるように体内の水分が異常に多くなってしまった状況です。水分量を調節してくれるのがタンパク質で、もちろん豚肉にはたくさんタンパク質が含まれています。また体内の老廃物が適切に排泄されないこともむくみの原因になります。豚肉には疲労回復に役立つ栄養素「ビタミンB1」が豊富に含まれています。このビタミンB1は体の代謝効率を上げる効果が期待できます。老廃物を外に排せつするためにもビタミンB1は活躍してくれます。
また汗をかくようにすると体の水分が排泄され、むくみを撃退することができます。そのためにはランニングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。ランニングなどをすると体のむくみは取れますが、翌日に疲労が残るかもしれません。しかしたくさんランニングをした夜などに豚肉の料理を食べるとビタミンB1の疲労回復効果により翌日に疲労を残さず元気に活動ができます。